輸入車の整備、インプレッサチューニングはお任せください!会社概要

ボッシュカーサービス認定  株式会社クロスロード小山
             TEL045-575-3872
 
4輪ホイールアライメント ダイナパック
 
       
ダイナパック
 
スバル フォード GM ヒュンダイ フォルクスワーゲン サムスン ホンダ
 

ダイナパックエンジンベンチの精度と機能、そしてシャーシーダイナモの簡便性を持ち合わせたダイナ
パックの出現により、従来のローラー式シャーシーダイナモでは考えられなかった評価テ
ストが可能になりました。

欧州やアメリカのカーメーカーも採用しているダイナパックをクロスロードも導入しています。

 
 
ECUセッティング   エンジン慣らし  パワーチェック
   シリンダーブロック パワー測定 
 セッティング2  コンプリートエンジン  最高出力
現在ほとんどの車は専用のECU(エンジンコンピューター)を採用してい
ます。

ECUセッティングはマッピング作業
が中心となりますが今まではエンジ
ンベンチ単体でセッティングするか、テストコースでのデーターロガーのフィードバックかありませんでした。

ダイナパックの原理はエンジンダイ
ナモと同じです。さらに専用アタッチ
メントを直接ハブ取付ける為、より実走行に近いセッティングが可能です。
 今はほとんど見なくなりましたがち
ょっと前の新車取り扱い説明書にはエンジンの慣らし運転の方法が記載されていました。

現在は機械精度により必要なくなった?と言われますが、機械部品である以上慣らし(当たり出)は必要と考えます。

末永く乗ろうとお考えの新車やエンジンオーバーホール後のエンジンの早期当たり出しにダイナパックは有効
です。

今後チューニングをしようとお考えの方、すでにチューニングされている方、ノーマル車の状態チェックなど現在のコンディションを把握できます。

ローラー式のシャシダイナモと違いダイナパックはタイヤを外し専用のアタッチメントを装着します、タイヤとローラーのスリップロスがなく正確なパワーとトルクを測定出来ます。

オプション取付けにてA/F空燃比を測定することの可能です。
ホーム
© 2002-2016 CROSSLOAD Koyama Corporation. All Rights Reserved.